TOP青少年教育活動での実践編>入会時の合意取り(会の規約等)

青少年教育活動での実践編

青少年教育団体結成時の留意事項

【 Q7 】入会時の合意取り(会の規約等)

ユニフォームにはプロスポーツ選手も皆さん名前が入っているので、子どもたちの練習着にも名札を貼ってもらうという提案をすると、「名前を出すのは止めてくれ」とクレームを言ってくる保護者がいます。我々としては名札が無いと子どもたちの名前も覚えられませんから大変困ってしまいます。

恐れ入りますがJavaScriptを有効にしてご覧ください
テキストを見る

確かに、子どもの名前はプライバシー情報または個人情報にあたることは、そのとおりです。また、たとえば、名札が貼ってある練習着を着たまま帰宅してしまうと、見ず知らずの人に名前を知られてしまう、または悪用されるのではないか、というような心配もあるかも知れません。

しかし、名札に名前が書いていないために名前が分からず、十分な指導ができないというケースも考えられます。事故防止の観点から、とっさに名前を呼んで注意喚起しなければならないこともあるでしょう。

このようなトラブルを避けるためには、予め会の規約を作成しておき、練習着に名札を付けることを明記し、その目的を保護者に十分に説明して、予め理解を得ておくことが適切でしょう。

また、練習場以外では練習着を着用しないことを決めておくことも大切です。

青少年教育活動での実践編TOP 前のQ&Aへ 次のQ&Aへ