TOP青少年教育活動での実践編>WEB作りと著作権等

青少年教育活動での実践編

青少年教育活動における留意事項

【 Q27 】WEB作りと著作権等

インターネットのホームページを青少年活動の会で作ることになりました。20年間の活動の記録写真や他のホームページからの写真を使いたいのですが、どのようにすればよいのでしょうか?

恐れ入りますがJavaScriptを有効にしてご覧ください
テキストを見る

著作物をホームページに載せる場合、無断で行うと著作者の公衆送信権(送信可能化権)という権利を侵害することになります(著作権法23条)。

まず、(1)20年間の活動の記録写真について、写真を撮った人の著作物になるので、撮った写真家にホームページに掲載してもよいという了解を得る必要があります。

次に、(2)他のホームページからの写真について、写真の著作者が誰なのか不明ですが、最初にホームページの管理者に連絡をしてみることが考えられます。ホームページの管理者が写真の著作者の場合には、了解を得れば利用することが可能です。

そして、(3)これらの写真に掲載された人物の肖像が明確に特定できるように掲載する場合には、その人の承諾を得たほうがよいでしょう。

著作権法 第23条

青少年教育活動での実践編TOP 前のQ&Aへ 次のQ&Aへ